看護師退職,理由,人間関係

看護師の退職は多い

 

看護師という仕事はとてもやりがいのある仕事ですが、それでも退職をする方は多いです。

 

それでは、どのような理由で退職をするのでしょうか?

 

理由は様々ですが、その中でも多いのが結婚をし家庭を持つことで退職をするケースです。

 

やはり、結婚をすることで主婦に専念する場合が多いので、結婚を機に退職をするか、出産前に退職をすることが多いのです。

 

はじめから結婚をしたら辞めると考えている人も多いですが、すべての人が同じ考えを持っているわけではありません。

 

そもそも、看護師という仕事はほとんどの場合が、自分でやりたいと思って始めた仕事です。

 

そのため、生活のために働く、という動機よりも自分の夢を叶えたい、あこがれの職業に就きたいと思って始める方が多いのです。

 

看護師の仕事は精神的、肉体的にストレスが多い

 

また、他にも様々な退職理由がありますが、その中でも目立つのが体調不良による退職です。

 

現代はストレス社会だということがよく言われていますが、やはり看護師の仕事も同様にストレスがとても大きい仕事です。

 

そのため、休みたくても休めない状況が長期間続き、その結果、体調不良になり、辞めなければならない状況にまで追い込まれるケースはとても多いのです。

 

このように考えると、いかに看護師の仕事がストレスの多い仕事だということががわかると思います。

 

そして、自分には合わなかったという理由で退職をするケースもあります。

 

やはり、働いてみないとわからないことも多いので、このような結果になってしまってもしょうがないのかもしれません。

 

また、職場の環境の問題で転職をすることもあります。

 

例えば、自宅から職場までの距離が遠い場合は毎日の往復が大変です。

 

それを考えると、やはりなるべく近いところに転職をしたいと思う看護師がいても当然だと思います。

 

さらには、人が多い環境が合わなかったという理由で、個人経営のクリニックに転職するケースもあります。

 

 

このように看護師の仕事といっても退職をする理由は様々あることがわかると思います。