看護師退職,理由,人間関係

看護師は子供の憧れの職業上位常連でした。

 

少し前までは子どもの憧れの職業でもあった看護師ですが、最近では看護師の不足などが問題視されることも多く、求人情報も多く出回っていますね。

 

看護師になりたい人が少ないということもあるのかもしれませんが、それ以上に退職者も多く、それが看護師が慢性的に不足している原因ともいわれています。

 

医療に関わるとても重要な職種だけに、そんな看護師の退職理由というのもとても気になるものですが、いったいどのような理由から退職する方が多いのでしょうか。

 

看護師の退職理由は?

 

看護師の退職理由として多いのは、結婚や出産、育児といった女性の多い職場ならではとも思えるものです。

 

女性であれば家庭の事情などの影響で仕事をやめることになるというのも仕方のないことではありますので退職理由として多いのも納得ですが、このほかの理由として多く挙げられているのが労働環境や上司、待遇などへの不満なども多くあるそうです。

 

しかし、待遇などにいろいろと問題があるのも看護師が不足していることに関連している場合も多く、看護師が足りないために労働時間が長くなってしまったりと、悪循環に陥っている面もみられます。

 

看護師という職業でなくてももちろん上司への不満や労働環境などに対する不満は出てくることが多いでしょう。

 

看護師不足は医療業界全体の問題

 

看護師だけに限った話ではありませんが、やはり医療にかかわる職業ですから人手が足りないというのは深刻な問題になります。

 

それによって待遇が悪化して悪い方向に向かうしかないというのも大きな問題でしょう。

 

人手不足のため、退職したい理由があっても引き止められるなどやめづらい部分もあるようで、本当の退職理由を明かせずにやめていく看護師もいるそうです。

 

 

もちろんそんな職場ばかりではないですが、とてもハードな職業であるということは確かなのではないでしょうか。

 

ハードな仕事というのはやりがいにもつながりますが、余りにも大変だとやはり限界が来てしまいますし、そういったところが看護師の退職の多さにつながっていそうです。

 

退職理由はさまざまですが、女性の多い職場という特徴が退職理由と深く関わりがありそうです。